アプリカンブログ

HTML5でiOS/Androidアプリが開発できるプラットフォーム、アプリカンのブログです。

位置情報のダミーデータを変更する

アプリカンのJavaScriptファイルはデスクトップを使って開発している場合などはダミーデータを返却するようになっています。例えば位置情報は以下の値が返ってきます。

function getCurrentPosition(){
    var options = { maximumAge: 10, timeout: 30, enableHighAccuracy: false};
    applican.geolocation.getCurrentPosition(currentPositionSuccess, currentPositionError, options);
}

function currentPositionSuccess(res){
    var dump = "currentPositionSuccess\n";
    dump += "latitude:"+res.coords.latitude+"\n";
    dump += "longitude:"+res.coords.longitude+"\n";
    dump += "altitude:"+res.coords.altitude+"\n";
    dump += "accuracy:"+res.coords.accuracy+"\n";
    dump += "altitudeAccuracy:"+res.coords.altitudeAccuracy+"\n";
    dump += "heading:"+res.coords.heading+"\n";
    dump += "speed:"+res.coords.speed+"\n";
    dump += "timestamp:"+res.timestamp+"\n";
    console.log(dump);
}

function currentPositionError(error){
    var dump = "currentPositionError\n";
    dump += "code:"+error.code+"\n";
    console.error(dump);
}

実行結果は次のようになります。

getCurrentPosition();
> currentPositionSuccess
latitude:135
longitude:36
altitude:10
accuracy:10
altitudeAccuracy:10
heading:180
speed:5
timestamp:1418106113668

緯度経度は135/36となっています。位置情報検索を行う場合などはこの精度では足りない可能性があります。そうした場合は、

this.getCurrentPosition = function(geolocationSuccess, geolocationError, geolocationOptions){
  :
  setTimeout(
    function(){ me._getCurrentPositionSuccess(135.0, 36.0, 10, 10, 10, 180.0, 5.0, (new Date()).getTime()); },
  1000);

この1つ目と2つ目の引数を変更してください。例えば東京タワーの位置であれば、

function(){ me._getCurrentPositionSuccess(139.745433, 35.65858, 10, 10, 10, 180.0, 5.0, (new Date()).getTime()); },

になります。

ダミーデータを変更すれば開発段階のテストも容易になります。アプリカンを使った開発にお役立てください!

アプリカン | アプリ開発支援プラットフォーム