読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリカンブログ

HTML5でiOS/Androidアプリが開発できるプラットフォーム、アプリカンのブログです。

Android 1.11の説明

アプリカンのAndroid向けランタイムエンジンがVersion 1.11.0にバージョンアップしました。今回は2つの機能が追加されています。

システムナビゲーションバーを非表示

システムナビゲーションバーとは、Android 4.0以降で使えるバック、ホームそして最近使ったアプリを表示するための仮想ボタンになります。

このシステムナビゲーションバーを非表示にする設定が可能になります。設定は applican-config.xml にて行います。また、対応バージョンはAndroid 4.1からになります。

<property name="SYSTEM_UI_NAVIGATION_BAR">false</property>

SYSTEM_UI_NAVIGATION_BAR を falseに指定するとシステムナビゲーションバーが非表示で起動するようになります。サンプルとして以下のようになります。

f:id:moongift:20150305154641p:plain

システムナビゲーションバーの再表示を制御

さらにそのシステムナビゲーションバーの再表示を制御する機能が追加されています。Android 4.4以降ではスクリーンをタッチするとシステムナビゲーションバーが再表示されますのが、それを抑制します。

<property name="SYSTEM_UI_KEEP_IMMERSIVE">true</property>

trueの場合、スクリーンをタッチしてもシステムナビゲーションバーが表示されません。

もしシステムナビゲーションバーが必要な場合には画面外からスワイプ操作する必要があります。SYSTEM_UI_KEEP_IMMERSIVEがtrueの場合にはしばらくするとシステムナビゲーションバーが自動的に消えるようになっています。

画面外からスワイプすると、以下のようにシステムナビゲーションバーが重なって表示されます。

f:id:moongift:20150305154717p:plain

STATUS_BARパラメータとの組み合わせ

STATUS_BARの設定をfalseに指定するとスクリーン上部のステータスバーが非表示になります。それに加えてSYSTEM_UI_NAVIGATION_BARがfalseになっていると完全にフルスクリーン表示になります。


より大画面が必要な、情報量の多いアプリであったり、ユーザの不要な操作を予め防止したいと言った時に使うと便利ではないでしょうか。