読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アプリカンブログ

HTML5でiOS/Androidアプリが開発できるプラットフォーム、アプリカンのブログです。

ApplicanアプリのデバッグにGapDebugを使ってみよう

CordovaやPhoneGapといったハイブリッドアプリのデバッグに使えるGapDebugというソフトウェアがあります。

f:id:moongift:20150421112505p:plain

クロスプラットフォームで動作し、iOS/Androidの両方がサポートされていますのでWindowsでiOSアプリをデバッグすることができます。

基本はPhoneGap/Cordova用なのですが、試してみたところApplicanアプリでも使えることが分かりました。これで生産性が大幅に向上できそうです。

注意点

注意点として、Applicanシミュレータでは使えません。一度ビルドした上で実機にインストールしたApplicanアプリが対象です。また、これは非公式な方法になりますので将来的な保証がある訳ではありませんのでご注意ください。

GapDebugのダウンロード&インストール

GapDebugは公式サイトよりダウンロードできます。WindowsまたはMac OSX版が選択できます。

インストールはウィザードに沿って行いますので特に迷うことはないと思います。

GapDebugの起動

GapDebugを起動すると、接続されているiOS/Androidデバイスが左側に表示されます。

f:id:moongift:20150421112527p:plain

さらにその状態でApplicationアプリを起動します。Hello Worldというアプリが認識されたのが分かります。これをクリックすると、右側にGoogle ChromeのDevTools風のデバッガーが表示されます。

f:id:moongift:20150421112540p:plain

こんな感じでHTMLソースを見ることができます。

f:id:moongift:20150421112550p:plain

ブレークポイントを仕込んで変数の中身を見ることもできます。

f:id:moongift:20150421112600p:plain

ステップ実行も可能です。

f:id:moongift:20150421112610p:plain

使えるのは開発版のみ

Applicanアプリといっても使えるのは開発用ビルドしたものだけになります。App Storeを使って配布しているアプリはデバッグできませんのでご注意ください。


GapDebugを使えば一旦ビルドして実機にインストールしてしまえば、後は管理画面でweb.zipをアップロードし、アプリ内のコンテンツを差し替えてといった具合に開発サイクルを高速化できそうです。ぜひお試しください。

GapDebug :: Mobile App Debugger

アプリカン | アプリ開発支援プラットフォーム